ごあいさつ

 永楽倶楽部は、早稲田大学の創立者である大隈重信侯が1915年(大正4年)に創設した社交倶楽部をその前身とするわが国でも最も由緒正しい社交クラブの一つであります。
 大隈侯は「倶楽部の目的は云うまでもなく可成多数の会員を包容して、各方面の知識を網羅し、共同的精神に基きて各自に其知識を交換し、談笑裡に娯楽を俱にしつつ更に活動の要素を造るに在るのである」と述べています。現在、当倶楽部は、財界を中心とし、文化・教育・スポーツ界、マスコミ界、政界などを含む多様なジャンルと幅広い年代層にわたる700名を超える男女会員により、活発な活動を展開しております。具体的には毎月行われる講演会等の開催と24の同好会活動を挙げることができます。また、ダイニングルームでの会食、バーでの語らいなども楽しみの一つです。皆様が、伝統と格式を誇る当倶楽部の会員となって充実したクラブライフを楽しみ、それぞれの人間を磨かれながら、豊かな人生を創造されますことを祈念いたします。
 2018年6月の会員総会で奥島孝康氏の後を継いで第十二代会長に選出されました。当倶楽部の更なる発展のために全力を尽くす覚悟ですので、皆様のご支援・ご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。

2018年6月